芸術士のいる保育所

TAG | 保育

2018/07/10

7/14ポケットミーティングin京都

7/14ポケットミーティングin京都

ベテラン芸術士村井、フレッシュ芸術士ミズカ、マネージャー太田が話します!

毎号楽しみにしている季刊誌「ポケット」のイベントに参加させていただくことになりました!

芸術士ってこんなところが良い、でもこんな苦労はある、これからはこうありたい、といったお話ができればと思っています。

当日は、この芸術士に関する企画に加えて、幼保子の実践発表と小学校の実践発表の後、ポケットCafeと称する共有の会を行います。ぜひ皆様ご参加ください。

問い合わせ:美育文化協会 http://www.biiku.jp/index.html

2018/05/1

芸術士®むーさん関東方面へ!

芸術士®むーさん関東方面へ!むーさんとはなそう!踊ろう!

絵画や詩に始まり、音楽・身体表現など多様な出力で、即興的横断的に身体性の強い表現や創作を行う村井知之(むーさん)。芸術士®としてむーさんダンス、ガチャプール、大ごっこ遊び、子どもたちの呟きを拾うなど、多種多様な活動を行なうむーさんが表現活動の楽しさを語ります!!

_

芸術士®むーさんinグローバルキッズ戸塚吉田町保育園(トーク)
日時 5/22 18:00〜

参加費 2,000円(定員30名)

芸術士®むーさんinまつがさきの森幼稚園(トーク)

日時 5/23 17:30〜

参加費 2,000円(1ドリンク付き)

芸術士®むーさんin東京家政大学森のサロン(親子ワークショップ)

日時 5/24 10:00〜12:00 先着15組!

2018/05/1

エデュカーレ5月号に芸術士®長野由美さんの活動が掲載されました!

長野由美芸術士の保育園での活動活動の一コマを紹介しています!

_

長野さんは高松市在住の造形作家。どれも違った雰囲気を持つたまごの魅力に着目し、たまごをモチーフにした作品を制作しています。

今回はわたしのおうちから「ふしぎなくに」へと広がっていった活動の記事を紹介していますので、

みなさんも是非手にとってみてくださいね。

2018/02/16

芸術士の懇談会を行いました。

芸術士と高松市派遣施設の保育士さんたちの懇談会を行いました。

今回のテーマは「芸術士ってなんだろう?」

2009年に始まった芸術士活動は、今年10年目を迎えます。

10年目の今だからこそ分かることもある一方で、まだまだ模索を続けている私たちの活動。

いまだ考え、悩み続けることが苦しくもあり、幸せなことなのかも知れません。

今年は節目の年。

活動に関わるみんなが想いを議論し、共有し、発信できる年にしたいですね!

2018/02/2

高松市こども未来館で「きょうなにするん」展がスタートしました!

初日1/28には、岡山大学の大橋功教授をお招きし、「芸術士ってなんだろう?」というテーマでシンポジウムを開催。たくさんのお客様が足を運んでくださいました。(今日から会場でシンポジウムの様子がご覧いただけるようになりました。)

「きょうなにするん」という言葉に象徴されるワクワク感。子どもたちの「入り口」を作って、一緒に表現の旅をする人、というキーワードが出てきました。

芸術士が行っている保育所の子どもたちも遊びに来てくれています。子どもたちは、会場内をくるくる回り、ロープをくぐったり登ったり、映像をじっと見て、音にびくんと驚いて笑ったり、写真の中の子どもたちを見て、クスクス楽しそう。プラネタリウムから出てきた子どもたちの目はいつにも増してキラキラ!

会期は残り4日!
2/5(月)まで!!!

高松市が全国に誇れる芸術士®派遣事業「きょうなにするん」展をお見逃しなく。映像で見る子供達の笑顔の輝きが、何よりもこの事業の大きな成果を物語っています。

2018/01/25

「芸術士の実際の活動を見学してみたい」

「芸術士や現場の先生に話が聞いてみたい」

「芸術士はどのようにして始まったのか知りたい」

そんな日頃から寄せられているご要望にお答えして、

ツアー形式のプログラムを開催します!

今回は、芸術士活動報告「きょうなにするん展」会期中の開催なので、

1/28にシンポジウムに参加して、翌日保育園へ視察、というスケジュールが可能です!

きょうなにするん展 http://geijyutsushi.skr.jp/?p=4201

直前のご案内ですが、まだ2名空きがございます。

ご参加お待ちしております。

●日程:2019年1月29日(月)

9:00 指定の場所へピックアップ

9:30〜12:00 活動見学(絵画造形系の活動)、保育士、芸術士へのヒアリング

昼食(うどん屋さんへ行きましょう!)

アーキペラゴ事務所へ移動

14:00〜15:00 アーキペラゴ事務所にてヒアリング

●募集 2名 ※定員に達し次第、締め切ります。

●費用:ひとり 12,000円

※当日現金にてお支払いいただきます。
※交通、宿泊は各自で手配をお願いします。
※希望場所へのピックアップが可能です。
[申し込み]
[氏名][住所][電話番号][メールアドレス][年齢][職業]
[当日のピックアップ場所][参加理由]
メールまたは電話にてお申し込みください。
※定員に達し次第締め切ります。
[問い合わせ]
NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001(担当:太田絵美子)
info☆archipelago.or.jp(☆を@に変更してください)
2018/01/25

芸術士(R)とは、高松市が市内の公私立の保育所・幼稚園・こども園に派遣する芸術の専門家のこと。レッジョエミリアの幼児教育を参考にした高松市独自の事業で、自治体を挙げて保育所に芸術の専門家を派遣する取り組みは全国初めてです。

このたび、平成30年度芸術士派遣事業対象施設(市内の保育所、幼稚園、こども園)および近隣の保育園、幼稚園への派遣芸術士を募集します。

アート活動の経験を活かせるお仕事です。

子どもたちとアートな時間を満喫してみませんか。

絵画・造形・身体表現・音楽活動等、専門は問いません。

■アート活動を有し、子どもたちと創作活動ができる方

■2018年4月から2019年3月まで、高松市内および近隣の保育所・こども園・幼稚園に勤務可能な方

(自家用車をお持ちの方)

■アートを媒体にコミュニケーションの場を広げたい方

勤務日数・条件等は応相談。書類審査の上、面接と研修を行います。

[募集期間]

平成30年1月25日(木)〜平成30年2月13日(火)

[採用スケジュール]

1次選考(書類)平成30年2月中旬

2次選考(面接)平成30年2月下旬

採用決定 平成30年4月上旬

[業務内容]

アート活動の経験を活かした、こどもの感性と想像力の保育。

職種:芸術士

雇用形態:契約社員(担当施設数による歩合制)

採用人数:若干名

待遇:月額制(当法人規定に基づく。条件を満たせば各種保険対応)

交通費:含む

勤務曜日:1施設につき週1回。曜日は施設と協議の上決定。その他、月1回のMTG、報告展業務等を含む。

勤務時間:9:00~16:00(休憩1時間)

契約期間:平成30年4月~平成31年3月末日

[応募資格]

アート活動を有していること

こどもと表現活動ができること

コミュニケーション能力があること

自家用車で通勤可能であること

[応募書類]

・履歴書、職務経歴書

・  A4サイズポートフォリオ(活動経歴をまとめたもの)※ポートフォリオは返却いたしません。

※  平成30年2月13日(火)必着

※  書類は、「平成30年度芸術士応募書類在中」と朱書きの上、郵送してください。

[応募方法]

メールにて事前に申し込みの上、書類を郵送してください。

宛先:info☆archipelago.or.jp

※☆を@に変更ください。

※件名を「平成30年度芸術士応募」としてください。

申し込み項目

・氏名(作家名であれば本名も明記)

・ふりがな

・年齢

・携帯電話番号

・メールアドレス

・専門

・活動経歴

[募集説明会]

2018/1/28(日)10:00~11:30

シンポジウム「芸術士ってなんだろう?」にご参加ください。

http://geijyutsushi.skr.jp/?p=4201

事前申し込みは不要です。

[宛先・問い合わせ]NPO法人アーキペラゴ

〒760-0062 香川県高松市塩上町1丁目2番7 ミユキビル

TEL 087-813-1001

2018/01/25

平成29年度 芸術士派遣事業活動報告 「きょうなにするん」展のご案内

今年は高松市こども未来館で開催!
オープニングシンポジウムで芸術士がお話します!!

「芸術士派遣事業」は、イタリアの教育「レッジョ・アプローチ」にヒントを得て、2009年秋に高松市からスタートしたアートな保育支援です。

アーティスト「芸術士」が1年を通じて保育所・幼稚園・こども園に通い、造形や身体表現などのさまざまなアプローチでこどもの発想力や創造力を引き出すこのプロジェクトは、こどもと芸術士のセッションにより、大人の予測を超えた化学変化を続けています。

この報告展では、こどもの表現すべてを認め、見守り、成長に寄り添った芸術士と今年の活動に参加した40施設の児童、保育の専門家による記録を発表します。

きょうなにするん

この言葉に象徴されるような、毎週心をわくわくさせながら芸術士の時間を心待ちにしている子どもたちの姿と、固定されない多様なアプローチから生まれた素晴らしい可能性をぜひご覧ください。

[会期]2018/1/28(日)~2/5(月)火曜休館、入場無料。

[開館時間]9:00~17:00(最終日~16:00)

[会場]高松市松島町1丁目15−1 高松市こども未来館1F多目的室

[主催]高松市、NPO法人アーキペラゴ

[問い合わせ]NPO法人アーキペラゴ TEL.087-813-1001

★ドキュメンタリー上映

1/28(日)10:00~10:30

芸術士の活動に密着取材。それぞれの芸術士活動への想いが語られたドキュメンタリーを上映いたします。

★  シンポジウム「芸術士ってなんだろう?」

1/28(日)10:30~11:30

ゲスト:岡山大学教授 大橋功氏

登壇者:NPO法人アーキペラゴ代表理事 三井文博

芸術士 村井知之(パフォーマンス)

芸術士 Frida(ピアノ・うた)

芸術士 ミズカ(絵本、イラストレーション)

ファシリテーター:

NPO法人アーキペラゴ 太田絵美子(芸術士マネージャー)

現場で活躍する芸術士が日々感じていることを中心に、対談形式で活動現場のエピソードや本音を語ります。芸術士の役割、これからの保育の未来についてディスカッションします。

芸術士一同、みなさまのご来場をお待ちしております!

2017/10/23

「高松の芸術士の実際の活動を見学してみたい」

「芸術士に話が聞いてみたい」

「芸術士が実践する具体的なワークショップを知りたい」

「子どもの造形表現について研究している」

そんな日頃から寄せられているご要望にお答えして、

ツアー形式のプログラムを開催します!

_
芸術士視察プログラムでは、芸術士派遣の施設にご案内し、芸術士と子どもたちがが実際に活動する様子がご覧いただけます。少人数制でのツアー形式で、ヒアリング等柔軟にご要望にお答えいたします。
_
写真や文章だけでは伝わらない、現場の雰囲気や芸術士・保育者の生の声を感じてください!!

●日程:2018年11月8日(水)

9:00 指定の場所へピックアップ

9:30〜12:00 活動見学(絵画造形系の活動)、保育士、芸術士へのヒアリング

昼食(うどん屋さんへ行きましょう!)

アーキペラゴ事務所へ移動

14:00〜16:00 アーキペラゴ事務所にてヒアリング

※希望があれば、高松市担当部署へのアポイントも可能です。

●募集 2名 ※定員に達し次第、締め切ります。

●費用:ひとり 12,000円

※当日現金にてお支払いいただきます。
※交通、宿泊は各自で手配をお願いします。
※希望場所へのピックアップが可能です。
_
●申し込み
[氏名][住所][電話番号][メールアドレス][年齢][職業]
[当日のピックアップ場所][参加理由]
メールまたは電話にてお申し込みください。
定員に達し次第締め切ります。
NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001(担当:太田絵美子)
info☆archipelago.or.jp(☆を@に変更してください)
_
●キャンセルポリシー
※お客様のご都合で参加をお取り消しされる場合、払い戻しは致しません。
2017/07/7

月刊ひろばに掲載されました

手作り保育サポートマガジン

月刊ひろばに芸術士の活動が掲載されました!

村井芸術士 夏の風物詩「ガチャガチャプール」

モーリエール芸術士 色んな遊びの「スーパープール」

ルカ芸術士 プールの水を飲みに来た怪獣「モストロボッラ」

プール遊びがもっともっと魅力的になる芸術士の実践です。

ぜひ手に取ってみてくださいね!

<< Latest posts

Older posts >>

↑このページのトップへもどる
本サイトに使用されている文書・データ・写真・イラスト・動画・ソフトウェア等の一部又はすべてを、
許可なく複製、送信、転載、配布、頒布等により第三者へ提供する行為を禁止します。
Copyright © ARCHIPELAGO.All rights reserved.